[PR]

サイト内検索

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ウェブページ

2020年8月16日 (日)

ギター:リズムを崩さないためのコツ

ギター:リズムを崩さないためのコツ
 ・しっかり上下に払う
 ・弦に浅くあてる
 ・コードを最小限の力で押さえる

以上の3点を実行すると、スィングスピードが安定してリズムを一定に保つことができます。
3つのうち、どれか崩れるとリズムも崩れます。

もう少しで習得できそうです。
がんばろう。

2020年7月25日 (土)

mysql8.0 my.iniでクライアント側のutf8mb4の指定ができない場合の対処

自分用メモ:

mysql 8.0

character_set_client
character_set_connection
character_set_result

上記の3つのパラメータの値をutf8mb4にしようとして、
my.iniの[client]の下に

default-character-set=utf8mb4

と書いても反映されないので調べたら、

[mysqld]の下に
character_set_server = utf8mb4
skip-character-set-client-handshake

と書けば良いことが分かりました。下記のページで教えていただきました。
https://qiita.com/yoshi-taka/items/ceb5d14684b93715f1a6

サーバー側の設定内容(character_set_server)を強制的にクライアント側にも適用させるようです。

2020年7月20日 (月)

mysql8.0 ーー vscodeプラグイン(mySQL management tool)経由での認証エラーを解決

自分用メモ:

Error: ER_NOT_SUPPORTED_AUTH_MODE: Client does not support authentication protocol requested by server; consider upgrading MySQL client

となってログインできない場合、


ここ見れば解決します。
https://hiroronn.hatenablog.jp/entry/20180627/1530104001


クエリの実行は、
ALTER USER root@localhost IDENTIFIED WITH mysql_native_password BY 'パスワード'; ←パスワードを入力

ユーザー名(root)とホスト名(localhost)はシングルクォートで括らなくても平気でしたが、
パスワードはシングルクォートで括らないとエラーとなりました。






2020年7月 6日 (月)

ギター右手の振り方改善中。

・ピックを弦に浅く当てる
・弦の近くで空振りする

この2点を実行することで、ピックが弦に当てる時と、空振りする時の差が無くなり、

レコーディング時のメトロノームとギターストロークとのリズムのずれを最小限に抑えることができます。


弦の近くで空振りしようとするあまり、弦に当たってしまうことがたびたびありますが練習あるのみ!

レコーディングがスムーズに終わる日も近いだろう、、と願っております。






2020年5月29日 (金)

「M.2 PCIe」とあっても挿すのはM.2スロット。PCIスロットではない。

SSDを増設しました。

結論から言うと、


「M.2 PCIe」とあっても挿すのはM.2スロット。PCI Expressスロットではない。


「M.2 PCIe GEN3×4」とあったので、PCIスロットに挿すもんだと思っていました。

PCIスロットにSSDを挿そうとするも、「挿せない!どうしよう!」と焦ってから数十分。
マザーボードをよく見たら「M.2」ソケットの文字があり、歓喜しました。

素人が間違えないような名前をつけて欲しいです!


※m.2スロットを搭載したPCI Expressカード があるので、
これを挿せばm.2用のSSDが使えるようです。

フォートナイトを他のドライブへ移す

フォートナイトを他のドライブへ移す


フォートナイトの容量が76GもあってCドライブを圧迫していたので、
あらたにSSDを増設してDドライブを作成し、そこにフォートナイトを移すことにしました。


こちらのサイトの通りでうまくいきました。
https://hahanha-create.com/2020/01/02/epic-games-launcher-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%AE%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%80%E3%80%81%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4/


C:\Program Files\Epic Games\fortnite のfortniteフォルダをDドライブにコピー。
フォルダ名を”fortnite_copy”に変えておく。

EpicGamesLauncherを起動し、フォートナイトをアンインストール。
その後再びフォートナイトをインストールする。インストール先を聞かれるので、D:/fortnite を指定。
データのダウンロードが始まるので、ここでインストールを中断する。

Dドライブを見るとDドライブ直下にfortniteフォルダが出来ているので、
このフォルダの中に入り、先程コピーした"fortnite_copy"フォルダの中身を全て切り取って
D:\Fortniteの中に貼り付ける(上書き)。

fortnite_copyの中身
 .egstore
 Engine
 FortniteGames
 (2020/5/29時点ではこの3つのフォルダ)

空になった"fortnite_copy"フォルダは消去する。

※自分の場合、この後EpicGamesLauncherを起動して、インストールを再開させたら
コピーしたデータがあることを確認せず、1からデータのダウンロードを始めたため、
インストール作業を再び中断し、PCを再起動させました。

PC再起動後、EpicGamesLauncherを起動し、フォートナイトのインストールを再開すると、
「データの認証」作業から始まり、コピーしたデータがあることを認識してもらえました。

「データの認証」が終わると同時にインストールが終了。
ゲームが出来るか確認しましょう。


2020年5月22日 (金)

レコーディング1周目を終えて

持ち歌7曲のレコーディングが終了。

「1周目」としているのは、到底商品にできるレベルではないためです。
2周目が終わる頃には立派なものが作れるようにしたいです。

今回は1周目で得たものをまとめます。


〇歌
 ・力まず歌えるようになった。(声帯を開きすぎない)

〇ギター
 ・弾き方がうまくなった
   ・手首のスナップを利かせる
   ・ピックの軌道は「弧」ではなく、縦に「直線」を描くように弾く
   ・ピックは弦に浅く当てる

 ・コードを脱力して押さえられるようになった

〇音楽編集
 ・ホワイトノイズが除去できるようになった
 ・ピッチ調整 (メロダイン)の仕方がだいぶ分かってきた
 ・音量の上げ方が分かった
  ・トラックのトランジェント(音の立ち上がり部分)の音量を一定にする
  ・イコライジングして全帯域の音量の差を小さくする

 ・音を左右に広げる方法が分かった
   ・ギターを2回録音し、トラック2つに分け、PANを左右に振る
   ・ボーカルトラックのコピーを2つ作り、それぞれに異なる数msのディレイをかけ、PANを左右に振る。
    例: 以下のような3つのトラックを作る
       ・元のトラック(PAN中央) ディレイ無し
       ・コピートラック(PANを左に100%振る) ディレイ3ms
       ・コピートラック(PANを右に100%振る) ディレイ4ms

      




2020年4月28日 (火)

おためし読売新聞 コード進行

おためし読売新聞CM  コード進行
 
Key = B
※<>内の音は単音表記   1=ド 5=ソ
 
(食べてみなけりゃ分からない) Key = B
| Ⅰ             | Ⅴ/Ⅶ       | Ⅵm            | Ⅲm           | ←コード
<5555434>  <55565>     <333212>     <33343>         ←メロディ

| Ⅳ      Ⅴ   | Ⅰ           | Ⅳ     Ⅱm7  | Ⅴ    Ⅰ      |
<6661  767><1111>      <4445 6666> <72    1>


「おためし読売新聞」ラジオCM 「まずは、試し読み編」
https://info.yomiuri.co.jp/group/cm-gallery/cat379/3511.html

2020年4月18日 (土)

レコーディングして効果的だった事

レコーディングして効果的だった事を列挙。

〇ギター
 ・ピックを弦に、ごく浅くあてる
 ・弦を軽く押さえる(フレット近く)
 ・コードチェンジタイミングを一定にする
   タータタータター 最後のターの後(ダウンストロークの後)
   タータタータタタ 最後のタの後(アップストロークの後)

〇ボーカル
 ・のどを必要な分だけ開く
   自分の最高音を出す時にだけmaxに喉を開く


レコーディングやると学ぶことが多いです。
普通の練習の倍以上の効果があります。

2020年4月13日 (月)

リラックスして歌えるように

ギター演奏時の脱力はかなりできるようになったので、
次は歌う時に力まないようにしたいと思ってます。

現在、喉を開いて歌おうとする意識が強すぎて、声帯を強く閉じすぎてしまい、
声帯の筋肉を傷めてしまっています。
この歌い方だと、伸ばした声が苦しそうに聞こえます。

必要な分だけ喉を開くような歌い方にすればいいのですが、
さて、どうやって練習しようかなぁ。

«メロダイン操作方法(自分用)